名刺

名刺作成について学ぼう

普段見ることのない名刺の作成ならアドプリントです!アドプリントでは、あなたのお好みの用紙を提供してくれます!無料のサンプルも拝見できるので、まずは紙の質の確認をしてみてはいかがでしょうか?


名刺は自分のことや企業のことを宣伝するとても有効なツールです。名刺作成をする際にはどのようなところに気をつければ良いのでしょうか?まず名刺の大きさですが、宣伝しようとしすぎて、変に大きくしたりすれば、逆に失礼にあたりかねません。名刺入れに収納することのできる標準のサイズがベストです。そしてここからが名刺作成の醍醐味と言えるでしょう。自分だけの、オリジナルのデザインで、相手に印象付けることができるような名刺を目指します。上記に述べたように名刺のサイズはとても小さく、書ける内容は少ないですが、上手にスペースを使ってデザインしましょう。
コツとしては、まず自分の宣伝したいと考えていることに優先順位をつけます。例えば自分の名前を宣伝したいのであれば、目立つ場所に大きく記載したりなど、一番に宣伝したいことを最も大きく記載すると、受け取った相手はまずそこに目が行くので、印象に残りやすいです。そして、次に宣伝したいことをその近くに配置したりなど工夫すると良いでしょう。名刺作成では目線の流れというのが重要になってきます。この目線の流れは、うまく利用することによって、デザインの良し悪しが生まれるので名刺作成ではとても重要なポイントです。

名刺は大事な情報源

私の所属する部署は、社員の方の名刺作成を依頼される部署なので、年間に何回も印刷会社へ名刺作成の依頼をするのですが、いつも発注するときに気にかけていることを、いくつか挙げてみます。部署や役職が変わっていないか。結婚されてお名前が変わったりしていないか。営業所の住所が変わったりしていないか。電話番号、携帯電話の番号が変わっていたりしないか。ISOやプライバシーマーク等のロゴの変更はないか…等です。名刺の情報量はとても少ないですが、逆に、とても重要な事しか書いていないのです。だからこそ、間違える事は許されないのです。
また、これらの情報が少しでも変更があった場合、前回の名刺と比べると文字のバランスが変わってしまうので、作成の際はレイアウトを気にする必要があります。会社によって名刺のフォーマットがあり、それに沿って作成されていると思うので、それほど個性を主張する事は必要とはされていませんが、役職、お名前だけでもバランスをよく作りたいと思うので、左右上下のどちらかに寄り過ぎていないかなどに気を配ります。少しでもスマートに見た感じの印象も良い名刺にするためには、バランスって必要だと思うからです。なぜなら名刺はその人の大事な情報なのですから。

名刺作成時のデザイン

ファッションと同じように、名刺作成時のデザインだってもちろん、時代によって変わるのです。例えば、通常の名刺作成時、どんなことがかかれているかを思い出しましょう。勤務先の住所、電話(内線)番号にFAX番号、それに最近では、ホームページのURLがかかれているということが多くの場合ですよね。自分のことを知らせつつも、会社のアピールをする、それが名刺の役割です。ですが、最近では、ハイセンスな名刺作成をする会社も増えてきています。特に、フレキシブルな対応をする外資系企業で、ベンチャーともなれば、個性的な名刺を作成することが多く、一見すると、「え、これが名刺なの?」と、思うような感じです。
カードサイズになっていますが、その形も2つの角が削られたものになっていたり、三角形だったりと、形で個性を出すことがあります。エコを意識して、名刺サイズを小さくするのも主流です。さらに、そこに書かれていることも、至ってシンプルというのが、最近の流行ともいえる名刺作成方法です。個人の名前だけという場合もありますが、その場合、必ずインパクトのあるデザインが使われている名刺になっているということが多く、これによって、相手に印象をつけやすくなります。

白紙の名刺

面白名刺はインパクトがあります

先日、面白い名刺をいただきました。普通、名刺というと会社名や肩書、その人の名前、連絡先などがあり、事務的なものが普通です。それでも最近は、色がついたり、写真や花などのイラストがついたりとキレイなものも多くなっています。それでも、相手に伝えたいのは自分の名前なので、余計なものはいらない、という物の方が喜ばれるようです。しかし、先日いただいたのは、肩書の下にその方の趣味や特技が、記入されていました。電気工事関係のひとでしたので、会社名や肩書はもちろん、持っている資格も記入されていましたが、その人の趣味まで書いてあるのを見て、びっくりしました。たしかに、営業やこういった一般家庭での仕事を請け負うひとにとって、お客様との会話は大切になります。その際に、こういった趣味が、相手の気を引く場…

名刺作成時に携帯電話番号を載せるか否か

名刺を作る際に記載する情報といえば、会社名、会社ロゴ、氏名、住所、電話番号、業務内容、経営方針など色々なものがあると思います。そんな情報の中には携帯電話の番号も含まれてきます。載せると便利そうですが実はメリット、デメリットが存在するのです。メリットは何と言っても、連絡の取りやすさが全然ちがいます。事務所の固定電話だけでは外出時等に連絡が取れないこともしばしば。タイムリーにやり取りをしたい場合は掲載することが必須と言えるでしょう。 デメリットは就業中と就業外の区切りが曖昧になってしまうことです。携帯電話の番号を載せている以上、休みであっても客先からの電話はかかってきます。それを取ってしまうと、ボリュームはそれぞれにしろ何かしらの対応をすることが求められることになるでしょう。…

名刺で気をつけること

まず名刺についてです。名刺は紙で出来ていますが、何だただの名前、会社名、部所名が書いてある紙じゃないかと思う人思いるのではないでしょうか。名刺は紙ですがその紙には会社の信用、自分の役割などが記載されているのです。簡単に言うと名刺は自分の顔なのです。その顔には会社、責任、自分の信頼などを背負っているということを忘れないようにしてください。名刺がグシャグシャ、折れ曲がりなどあってもそれを渡しては失礼に当たります。その名刺を渡してしまうと会社の信用を無くしてしまうことになるのです。もちろん会社だけではないです、その名刺を渡した自分と同僚、先輩などが同じ扱いを受けてしまいます。もちろん相手側の人もそんな人ばかりではないことは知っていますが、自分はその会社の代表で来ていることを忘れないで…

名刺作成業者の選び方

名刺を作成することは、社会人では必須のことです。名刺は個人の紹介をするコミュニケーションツールなだけでなく、会社などの所属する企業の宣伝などにも大きな効果がありますからね。その名刺を作る際は業者に依頼することが大半ですが、その業者選びはどうすればいいのでしょうか?まず業者を選ぶ際に重要な点は、料金が安いことでしょう。いくら良い名刺を作ることが出来たとしても、その料金が法外な値段ではどうしようもありません。名刺は確かに大切なコミュニケーションツールの1つではありますが、それに大金をかけることは出来ることなら避けたいですからね。そして名刺を作る際のツールが配布されているか、また使いやすいかどうかでしょう。名刺のデザイン自体も業者に投げてしまうことも出来ますが、出来ることなら自分たち…